コラム

Column

産後の尿漏れを感じたら急いでラジオ波!

ファンクショナルマッサージ治療室茅ヶ崎院です。

妊活中に学んだ骨盤底筋を鍛える方法・・

呼吸法や立ち方を理解し実践している方でも起こる「産後の尿漏れ」。

 

産後の尿漏れは主に骨盤底筋が緩んでいることが原因で起こります。

骨盤底筋とは、肛門や膣や尿道を囲んでいる筋肉です。

骨盤底筋は分娩時に大きく引き伸ばされ、

出産後も緩んだ状態が続いてしまうことで

本来の働きを失い、尿漏れや姿勢崩れの原因になります。

sango1

さらに組織の損傷を伴う出産後は

骨盤底筋を意識して使うことができなくなるため

より一層尿漏れが起こりやすい状況になるのです。

尿漏れ対策には骨盤底筋トレーニング!

 

出産で緩んでしまったのならば、産後鍛え直せば良い!

と思われがちなのですが、骨盤底筋は全身の筋肉の中でも比較的小さく、普段生活をしている中で意識していない方がほとんどです。

産後は特に分娩時の影響で神経伝達が悪いため、

骨盤底筋だけを意識して力を入れるのはとても難しいです。

そんな方が急に産後骨盤底筋のトレーニングをしようとしても、間違った使い方をしがちです。

210.00_05_59_22.静止画002

例えば、骨盤底筋と同じような働きをする別の大きい筋肉

(お尻の筋肉や太ももの筋肉)

が代償動作をすることで、実際に骨盤底筋を使ってトレーニングできていない、といったケースも少なくありません。

 

ですので、産後一度は必ず骨盤底筋の使い方を見直す必要があります。

 

骨盤底筋を意識してトレーニングするための方法

 

まず重要なのが、ご自身がどれだけ腹筋や骨盤底筋を意識し使えているかを知ることです。

ご自身で確認するよりも、プロの目からアドバイスを受けることで、産後の尿漏れを改善していきます。

 

次に当院で使用しているラジオ波

IMG_4169

こちらをお腹に当てるだけで、筋肉に温熱刺激や振動が伝わります。

施術後には筋肉が使いやすくなっています。

【ラジオ波の体験はこちらから、コースをお選びください。】

 

実際に当院に通われている患者さんも

ラジオ波×骨盤底筋トレーニングで尿漏れが改善されています。

 

肩こりや腰痛がさらに骨盤底筋を使いにくくする

 

姿勢が悪くなり肩こりや腰痛が出てくると、骨盤底筋を意識するのが難しくなります。

 

また、痛みがあるということは「血流が悪い」ということです。

その状態では全身の血流も悪く、

母乳が出づらかったり産後の不調が長引き回復が遅かったりします。

 

そんな時は鍼灸施術やラジオ波施術で血流改善することがとても効果的です。

 

尿漏れ以外でも、産後の不調は放っておくと

2人目不妊につながったり、

楽しく子育てライフを送れなくなってしまいます。

そうなる前にぜひ一度ご相談ください!

 

産後の骨盤ケアのご予約はこちらから!

お問い合わせ

Contact

茅ヶ崎院

「不妊対策」「美容鍼灸」「痛みの根本治療」
どのようなことでも、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

0467-85-5528

9:00~18:00(月曜・祝日お休み)

藤沢院

「女性の方」のみ承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

0466-52-6353

9:00~18:00(祝日のみお休み)

横浜院

JR東戸塚駅東口から
徒歩2分の場所にオープンしました!
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

045-392-3589

9:00~18:00(月曜・祝日お休み)

新宿院

JR山手線新宿駅より
徒歩7分の場所にオープンしました!
妊活に実績を上げてきた熟練のスタッフ5名が勤務する治療室です。

お問い合わせフォーム

03-6339-1448

9:00~18:00(祝日のみお休み)